FC2ブログ

にいぜろいちさん

広告が出てるじゃないかー!

あけましておめでとうございます(2013で合ってるよね……)。
今年もよろしくお願いします。

実家に帰り、ここ数日は少しのんびりできたような気がします。
大学生活もいよいよ佳境という感じです。

久々にコミケは欠席。

そして、まだ締切を過ぎていないので確定というわけではないですが、次の夏コミはおそらく不参加になると思います。
おそらく復活は2013年末の冬コミで――ということになると思います。

理由は進学関係のいろいろですね。
ここでは就職せず、大学院に進学することは確定しているので。
ぶっちゃけ、勉強しなきゃいけない、と。
そういうことですね。
嫌すぎる(´・ω・`)



8月末の院試が終わったら、またゲーム作り始めようかな――と思います。
9月くらいにゲームのページをオープンさせて。
冬コミには体験版、いや、製品版を……なんて、妄想してますが、どうなることやら。
卒論があるから製品版は無理かな。

ブログは今までくらいの頻度で、近況報告すると思います。
勉強の関連で、小説を書くのもかなり時間的に厳しい状況が続いてますが、二兎を追わずにはいられないタイプなので、なんだかんだで書いてしまうかもしれません。
吉報が届くといいな。

それでは今年も頑張っていきましょう。
スポンサーサイト



執筆の秋、そして勉強の秋?

コミックシティ大阪お疲れ様でした。
土日で関西を往復したので、かなり疲れまして、昨日の夜はぐっすりでした。大学の講義はすごくしんどかったですが、なんとか出席できました。

さてイベントも終わり、大学もガイダンス等が終わって本格的に講義が始まり、忙しい日々がやってきそうです。
何よりレポートの量がやばい。講義だけでなく、家でもレポートを仕上げたりしなければならないのは辛いですね。

それより何より、そろそろ本格的に英語の勉強をしようと、スケジュールを立てました!
三日坊主にならないといいなぁ……。割と飽きっぽいですからね。

11/18のTOEIC受けます。今まで二回ほど受けたことがあるのですが、結果は芳しくなく、今回は目標は大きく出て750点とか言っておこう。
目標は高めに設定した方がいいというのが信条なんです。しかし750点はどう考えても無理そうだなぁ。リスニング苦手なんですよね。しかも時間もあと一ヵ月しかないし。

あとは合間合間を見つけて執筆して10月末の賞を目指します!
10/25に間に合えばスーパーダッシュへ、10/31までかかったら講談社ライトノベルチャレンジカップかな。

原点

帰省していて、高校のときの友人とかとご飯食べにいったりして。
コミケが終わったので、新しい小説を書きつつ、毎日割と自由に時間を使ってます。

こないだは、高校のときに自分が会長をしていた同好会の同窓会を、卒業してから二年半――やっと開催することができました。
一部の人とは、前からやりたいみたいなことを言っていたのですが、なかなか機会がなく、今回開催にこぎつけられてよかったと思うと同時に、昔の仲間と集まるとお酒を飲んでばかりいるような気がします。
もう20歳どころか、今年で21ですから、なんだか高校時代のこととかも、随分昔のことのように思えてきますね。

もともとこのサークルは、高校のときに、その同好会のメンバーがもとで発足したサークルでした。
そういう意味では自分の同人活動の原点だなぁ……と。
最初は学内の会誌の発行から。
高2の夏に、初めてのコミケに出て。
そのときに内輪以外には二冊しか売れなかったのも、今ではいい思い出です。
今回のコミケでは百本弱の売り上げで、売り子を手伝ってくれた元同好会のメンバーも、驚いていました。
まだまだ弱小ですが、サークルもこれからどんどん大きくしていきたいですね。
目指せ壁サークル!

今では実質自分しか活動していないので、同窓会でもまだこのサークルが続いていることに驚かれもしましたが、来年の同窓会(やるの?)ではもっといい報告をしたいところ。
――と思ったけど、来年の夏は院試があるんだよなぁ。

小説に専念したい気持ちもあるので、来年にかけて、なかなか自分主導で大きな企画を立ててゲームを作っていくというのは難しい気もしますが、まだいろいろ考え中です。
この一年、夏コミのゲーム制作含めていろいろあって、あんまり小説の執筆ができなかったんですよねー。
だから今は小説を書いて、一つ結果を残したいなと思ってます。

あっ! あとサークルメンバーさん募集中です。
今はメンバーが自分一人で、特に自分は絵が描けないので、やる気のある絵師さんとかいらっしゃいましたら、こちらから土下座してお願いしたいくらいです。
もちろん他(音楽、プログラムなど)に興味がある方も、一緒にやってみたいという方がいらっしゃれば是非――と思います。


あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

いよいよ今年も明けました。
成人式にはバイトで行けませんでしたが、ものの見事に20歳でした。

年が明けてからというもの、時間の大切さとかを痛感する瞬間が多いです。
そろそろ小説の方でも結果が欲しいなという思いもありますし、大学院受験に向けて勉強(特に英語)の方、しっかりやっていかないと、もう来年の夏には院試ですからね。間に合わなくなっちゃう。

それでも、今はすごくバイトが忙しくて、だから春になったらやめるつもりなのですが、二月頭に大学の試験もある都合上、なかなかそれ以外のことに時間を使えないでいます。さすがにまだ試験勉強とかはしてないけど、それでも一応授業はありますしね。学業も手を抜かないと決めているので。

作家を目指しているのに、大学の成績を維持することに意味あるの――とよく言われます。正直、自分は勉強が好きというわけではありません。ごく一般の大学生と同じように、休めるものなら大学なんて休んでしまいたいし、試験勉強だって適当に切り上げたいという思いはありますが。
好きな漫画の台詞に「やりたいことを思いっきりやるためには、やりたくないことも思いっきりやらなきゃいけないんだ」というものがありました。
実際、これは本当にその通りだなと思っていて、自分がなろうとしている作家や文章業は、やはり収入が安定しない職業。兼業作家になればいいという思いもありますが、やっぱり専業になりたい。一人っ子ですし、今は大学の学費も親に払ってもらっているし、ましてや、自分の高校時代の怠惰のせいで、現状こうして一人暮らししていて、仕送りやら負担をかけている状況であることを考えれば、小説家になりたいというのは、結構なわがままだと思います。一冊出したら音沙汰なし――なんて例も聞きますしね。ましてやこの頃は、大学院出たらゲーム会社を作りたいなどと呟いているという……。

最近は、一人暮らししているので両親と会うこともめっきり減りましたが、それでも近頃は両親も「早くデビューしろよ」と応援してくれているようです。
でもきっと、夢を追うという言い訳をして、学業を疎かにしていて、もし大学で留年――なんてことになっていたら、絶対に認めてもらえなかったと思いますし、本当に頑張ってもし駄目だったとき、ここまで育ててもらってなお親の脛をかじり続けるのは、正直最低で、たぶん自分を許せなくなると思うので。
それに、一応学生の本分は勉強らしいし、離れて暮らしている人に自分なりの本気を見せるなら、それこそ学業を頑張るくらいしかないのですよ。その程度のことを頑張れないで、夢とか口にしてもイマイチ説得力がない。それこそ、やりたくないことも思いっきりやらなくちゃ駄目だ。

――と、超綺麗事を言って、なんとなく成人直後の一回目の更新っぽい?
こんなこと書いてるのが友達に知れたらきめぇって思われるんだろうなぁ。

去年は、ずっと引っかかっていた二次選考の壁をやっと破ることができたので、今年こそは最終選考――あわよくば受賞へ――なんて妄想してるんですけど。
また最近、新たな壁にぶちあたっているような気がする……。

あまりにもひどすぎる更新頻度のブログですが、今年もよろしくお願いします。

初雪

もはや隔月更新になっていますが、ひとまずブログを更新。

最近は免許を取るために自動車学校に通っていて、もうすぐ卒業検定なのですが、雪の中卒業検定ということになりそうですね。最近ならばAT限定でもいいのかなと思いますが、一応MTで通ってます。最近、やっとまともに運転できるようになってきて、心の余裕が生まれてきているところです。教官が下ネタ好き過ぎて、ここに書けないくらいだったり。

塾講師のバイトも相変わらず続けてはいますが、大学通いながらバイトしてるのか、バイトしながら大学通ってるのかわからないくらい、シフト入ってます。たぶん大学に行っている時間より、バイトに行っている時間の方が長いくらいです。
ただ、4月を目処に、バイトはいったんやめようかなぁと考え中です。大学の授業が、来年からかなり忙しくなることに加え、本気で大学院を受験するのであれば、英語が苦手なので、英語の勉強は避けて通れないと思いますし、それにバイトを加えたら、おそらく執筆に費やす時間がなくなってしまうと思います。それでは意味がないので。
自分自身、あんまり物欲がないので、いろんな人に「別にそこまでお金に困っていないだろうに何故バイトしてるの?」と問われることがありますが、お金以外にも得られるものって結構たくさんあるので、続けられることなら続けたいんですけどね。

投稿の方ですが、電撃の三次落ちの原稿の改稿をHJ文庫大賞へ。
新作を、講談社ライトノベルチャレンジカップの方へ、投稿しました。
12月末のメディアファクトリーはおそらく出すと思いますが、11月末のGA文庫大賞については検討中です。
正直、チャレンジカップに送った原稿については、あまり自信がないのが本音です。
基本的にギャグは向かないので、どうしてもシリアス寄りの作風になってしまうんですよね。それがうまくはまっているときはいいんですが。

それではまたいつか更新する日まで。

プロフィール

TUNA

Author:TUNA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR